スキンケアは落とすことから

美容液は浸透性が良いものではありますが、肝心のお肌が汚れていたのでは意味がありません。つまり、洗顔がきちんとできているかがスキンケアでは重要になる、ということなんです。

乾燥肌だと、洗顔料を選ぶのも気を遣いますよね。私も基本的には低刺激のものを選んでいるのですが、洗浄力という部分でちょっと物足りなく感じてしまう時もあります。毎日メイクはしっかりしているので、ちゃんと落ちてるかな?という事も気になってしまいます。これではダメなんですね。

スッキリ毛穴まできれいにする。土台作りが大事と心得て、汚れがしっかり落とせる洗顔料を選びましょう。

正しい洗顔方法

洗顔料よりも洗い方のほうが、実は重要です。しっかり毛穴まできれいにするためのキーワードは「ふわふわ泡と超優しい手」です。

最初から泡になって出てくるものもありますが、肌に優しい洗顔には、きめ細かいふわふわの泡がかかせません。結構面倒くさいですが、弾力のある泡を手のひらにこんもりと作ります。

超優しい手というのは、そのふわふわの泡をこすったりするのではなく、静かに優しく押すようにすることです。毛穴の中の汚れを泡にくっつけて引き出すようなイメージです。小鼻の周りくらいは少しこすってもいいですが、頬などの広い部分は押す。

なんだか頼りないですが、このほうがサッパリきれいに洗えるんですよ。

手順としては、

  1. ぬるま湯で顔全体をさっとあらう
  2. しっかり泡立てた泡を額、鼻、頬とのせて、最後に口のまわり・あご・首などにのこりをのせる
  3. ゆっくり手のひらでおしながら顔全体を洗う
  4. ぬるま湯で洗顔料が残らないようにしっかりすすぐ
  5. タオルも上から静かに押すようにして水分を吸う

と、こんな感じです。とにかく超優しく、いたわるように。忙しい時など、イラっとなってしまいそうですが(笑)、きれいのためには、このくらいが適切なんですよ。

でも、乾燥肌や敏感肌の方には、良いと思います。洗浄力の強くない石鹸でもスッキリします。それにキメも整ってきますよ。

この後、美容液をすっとなじませれば、お手入れ完了です!