乾燥肌には油分が必要?

最近のスキンケアには保湿が大事だということが浸透していますが、乾燥した肌には油分が必要、と感じている方もいらっしゃると思います。

確かに、唇などのように皮脂のないところは油分で乾燥を防ぐことが必要ですし、気温も低く、空気が思い切り乾燥している冬場は、油分を補うことも必要です。

ただ、普段は肌の水分量が適切な状態であれば、自分の皮脂が自然のクリームとなってくれるので、わざわざ補うほどのことはないのです。

お肌のことを考えると、できるだけシンプルに、あまり多くのアイテムを使わないほうが良いのだそう。

いくら良い成分が入っていたとしても、何か刺激となる物質が入っているものもありますし、たとえ少量だとしても、それをいくつも重ねてつければ、それなりに刺激になってしまいます。水分量の足りていない肌は、健康な肌よりは、基本的に外からの刺激に敏感になっていますから、たくさんのアイテムを塗り重ねること自体が刺激になってしまうこともあります。

乾燥肌は表面が傷ついている状態なので、さらに水分が奪われたり、外的要因で肌バリアも壊されたりしやすいですから、失われてゆく水分を補ったり、なんとか皮膚内にとどめておくようにしなくてはいけません。

そのためには、真皮の部分にヒアルロン酸やプロテオグリカンといった保湿成分を与えて水分をとどめ、表皮の部分で水分を逃がさないようにセラミドや皮膚の再生力のある成分を補っていくのが、まず優先されるべきケアということになります。