肌の表面で頑張るセラミド

ヒアルロン酸やプロテオグリカンは真皮の部分で働く保湿成分だったのに対して、セラミド肌表面の角質層で働く保湿成分です。

お肌の表面には角質層という部分があり、ここの細胞の間にある脂質にセラミドが含まれています。セラミドは水に溶けない物質で、バリアとなって外からの刺激をブロックしながら、水分を保つ働きをします。

このセラミドが不足すると、バリア機能が低下して、細菌や汚れなどがブロックされずに侵入してしまいます。これがお肌に炎症が起こる原因です。炎症が起きてかゆみがでたりすると、触って傷つけてしまったりするので、さらに表皮は傷つきめくれあがるようになって、乾燥が進む…という悪循環に陥ってしまうのです。

セラミドも外的な環境や生活習慣、そして年を重ねることで減少してしまいます。アトピー性皮膚炎の方などは、セラミドがもともと不足している傾向にあると書いてあるものもありました。体質改善や生活の改善も重要になってきそうですが、乾燥がひどい方や敏感肌の方には、スキンケアとしてセラミドを配合した化粧品を使うのも効果的だと思います。

セラミドは牛の脳から抽出したものが多かったのですが、狂牛病の問題があってからは植物由来のものが中心になっているようです。ただ、やはり人のセラミドに近いのは動物性のものらしいです。なかなか難しいですね。植物性のものは米ぬかや小麦のほか、こんにゃく芋などから生成されることで比較的安価になったそうです。

化粧品に配合される時も、水に溶けないため、水がベースのものよりもゲルタイプのほうが浸透しやすいです。セラミド配合の化粧水にゲルローションのようなものが多いのは、こういった特徴のためだったのですね。

セラミドは何位?成分別・乾燥肌美容液ランキング>>