弾力の元はコラーゲン

最近は居酒屋さんのメニューにまでコラーゲンの文字があちこちに登場。女子にはかかせないアイテムとなっていますね。お鍋に入れるコラーゲン玉なんてものまで売っています。

お肌ぷるぷるの元と言われますが、いったいどんなものなのかと言うと…?

コラーゲンは、皮膚や腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつで、人のからだの中のたんぱく質の3割くらいを占めています。働きとしては、いろいろな組織に強度を高めていて、骨や軟骨などは弾力性を増して骨折しないようにしたり、皮膚の弾力性(ハリ)にも役立っています。

最近の研究では、コラーゲンが新陳代謝を活発にする働きをするということがわかってきていて、皮膚のターンオーバーに影響がありそうだとも言われています。

真皮は約7割をコラーゲンが占めていると言われているので、コラーゲン不足は皮膚の老化とは大きな関係があるでしょう。代謝が悪く、古いコラーゲン同士がくっついてしまうと、乾燥肌やシワとなって現れてしまうというのですから、何とか補給しようというのが、昨今のコラーゲン食品やサプリメントなどが人気なのも理解できますね。

コラーゲンを口からとっても直接コラーゲンが体内に吸収されることはないと言われているのですが、一方で、細胞の再生を促すような研究結果があったりするようで、やっぱり何か良いことがあるのでは?と期待したいところです。

同じように、科学的にはお肌の上から塗るのでは吸収されることはないと言われていますが、実感としては潤いを感じるという声も多いですね。ヒアルロン酸のようにコラーゲンを注射して、シワを目立たなくする施術もあるようです。

コラーゲンは何位?成分別・乾燥肌美容液ランキング>>