医学界でも注目の新成分

プロテオグリカンは人を構成する重要な組織で、からだのいたるところに存在していて、特に軟骨、骨、皮膚、脳などに多く含まれているものです。関節の動きをよくする潤滑剤の役割をしたり、皮膚の水分を保つ役割などをしています。その保水力は、ヒアルロン酸の130%!皮膚の中では、ヒアルロン酸と一緒になって、大量の水分を抱え込んでコラーゲン繊維の隙間を埋め、真皮層の保湿性や弾力性を高めることに貢献しています。

さらに、新しい皮膚細胞を増殖を促す作用があるので、お肌の新陳代謝に影響しています。これはヤケドの治療など皮膚再生分野で大きな貢献をすることになり、ノーベル賞をとるほどの発見だったEGF(皮膚再生因子の一種)と同じような働きをするということなんですね。

免疫機能を正常化する働きがあるとも言われ、医学界では潰瘍性大腸炎、アトピー性皮膚炎、変形性関節症などに効果があると期待されていて、他にもがんの進行を抑えたり、膠原病などの自己免疫疾患、アレルギー性疾患など様々な病気への効果が期待され、奇跡の物質として注目の成分なのです。

鮭の鼻軟骨から高い純度のプロテオグリカンを安価に抽出することができるようになったことで、健康食品や化粧品に活用されるようになりました。これから先、多くの分野への利用が研究されています。

大注目のプロテオグリカン配合・オールインワン美容液をCHECK!>>

外から塗るのが効果的

こんなにすごいプロテオグリカンですが、うれしいことに外から塗るほうが効果的という研究結果があるそうなんです。しかも、もともとからだの中にある成分ですから安心できる。化粧品の成分としては申し分ないものという気がします。

ちなみに、この成分を使った化粧品は、まだ数種類しか発売されていません。でも、レアなアイテムを早速使った人たちからは、「EGFの半額なのに、同じくらい効果があるみたい」「浸透が早くてビックリ!内側からお肌が潤う感じです」など、満足度の高い口コミが寄せられていました。

実は、私も友人から紹介されて、プロテオグリカン配合コスメを使い始めたばかり。今までにないしっとり感と“乾かない”感じにハマっています。新しい物好きな人も、乾燥肌に効くアイテムを探している人も、ぜひ取り入れて欲しい、私のイチオシの成分です!

プロテオグリカンは何位?成分別・乾燥肌美容液ランキング>>