ゴールデンスリープとは

乾燥肌だけに限らず、スキンケアに睡眠はとても大きな役割をはたしています。私たちの肌は毎日古い細胞が捨てられ、新しい細胞が生まれるということをくり返しています。

この生まれ変わりを活発にさせるのが、ホルモンの働きです。

いわゆる成長ホルモンと呼ばれるものは睡眠中に多く分泌され、その時間が午後11時から午前1時といわれています。とくに眠ってすぐの深い眠り(ノンレム睡眠)の時に大量に分泌されるそうなので、このタイミングに寝ているのが、最も効果的な睡眠ということになります。

とはいえ、毎日忙しくて午後11時にしっかり眠っている状態というのも難しいですよね。私も仕事の帰りがどうしても遅くなるので、実行するのはなかなか難しいものがあります。

それでも、できるだけ12時前には寝るように心がけています。その分、できなかった事は翌朝早く起きて片付けるようにしています。

そうやって、少しずつ朝型にすることで、お肌というよりも体調が良くなってきました。自律神経失調症の傾向があったのですが、休みの日も朝しっかり起きるようにして、かなり改善しています。

睡眠時間をしっかり確保することはお肌のために大切なことですが、効果的な時間を意識しておくことで、より質のいい睡眠になるということです。

ダイエットにも期待?

成長ホルモンは体脂肪を分解する働きもあるので、睡眠によってたくさん分泌させれば、眠っている間もダイエットにつながっていると言えます。

また、筋肉の修復を行ったり、免疫力を上げたりと、なんて働き者なの!という働きっぷりですから、寝るだけで一石二鳥どころか四鳥も五鳥もということが期待できます。

寝る子は育つのですが、寝る子は美しくもなるのです。